商品コード: 120252

神代みそ赤こし (中辛・半こし)

初代がつくった合わせ味噌

数種類の味噌を伝統の合わせ法によりブレンドし、独特の風味を持った「合わせ味噌」。

だしはカツオ、具はあっさりとしたもの(豆腐、わかめ、油揚げ、キャベツ、竹の子、マッシュルーム、こんにゃく、もやし、絹さやなど)、もしくはクセのある (あさり、えびなどの魚介類、ほうれん草、アスパラガスなどの緑黄色野菜)が好相性。

どんな具でもよくまとめますが、通年を通して油揚げがおすすめ。

春先には、酢味噌にしてタケノコをつけて食すのも乙です。

 グラム

価格(税込)

100g当り

260gカップ

495

   190円

300g

525

   175円

500g

810

   162円

1kg

1530

   153円

販売価格(税込): 495~1,530
内容量 販売価格(税込)
カップ入 260g 495円
300g 525円
500g 810円
1kg 1,530円
  • 内容量
  • 数量

この商品の味わい

味噌味わいグラフ

味わい情報

合うだし かつお 昆布
合う具材 緑黄色野菜 漁具類 肉類 わかめ 豆腐/油揚げ キノコ 卵 葉物 野菜その他
合うブレンド この品は単品でのおすすめが基本ですが、ブレンドももちろん可。
塩度 11.3%

合わせたことにより何でも合うおみそ汁

具はあっさりとしたもの(豆腐、わかめ、油揚げ、キャベツ、竹の子、マッシュルーム、こんにゃく、もやし、絹さやなど)、もしくはクセのある (あさり、えびなどの魚介類、ほうれん草、アスパラガスなどの緑黄色野菜)が好相性。

どんな具でもよくまとめますが、通年を通して油揚げがおすすめ。

神代赤こしってこんな味噌

生まれや家柄に固執せず、実力で勝負しようとする人々が全国から上京してきた江戸時代には、味噌も地方各地から江戸に集まってきました。

現在のように、各地の味噌を一か所で買うことができるようになったのは、こうした時代の流れによるものとされています。

そしてやがて、それらを「合わせる」ことで、単品にはない独特の風味を持った味噌となることが食通の間で知られるようになり、「合わせ味噌」として誕生しました。

初代が数種類を合わせて試行錯誤すること数百回。最後に「これだ!」と誕生したのが神代赤こしです。

一合升(180cc)と比べてみました

原材料

大豆、米、食塩、酒精

アレルギー

大豆

その他のオススメ商品

神代みそ白こし (中甘・こし)

販売価格(税込) 495~1,530

神代みそゐなか (中辛・半こし)

販売価格(税込) 495~1,530

神代みそ糀 (中甘・こうじ)

販売価格(税込) 495~1,530

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 神代

    投稿日:2014/10/27 投稿者:takedaisuki様 おすすめレベル:★★★★★

    深い味、おいしさ、初めていただき感激です!テレビで拝見しました。

  • 絶品

    投稿日:2014/09/11 投稿者:愛知県 T・N様 おすすめレベル:★★★★★

    絶品。汁物だけでなく使っています。