お買い物ご利用ガイド

検索条件

  • お問い合わせ
  • ショップ紹介
  • コインパーキングMAP
  • 特定商取引に関する法律
  • 個人情報保護方針
  • 当店について
商品コード: 120575

手造りみそセット (樽なし)

手造り味噌って美味しいね

北海道産鶴の子大豆やたっぷりの量の国産米こうじを自然塩で仕込む、とても贅沢な味噌の手造りセット。

大豆1kgに対して米こうじ1.2kgで仕込むので”12割り麹”といい、自然な甘みのある「中甘」の味噌となります。

ご家庭で手造りみそにチャレンジしてみてはいかがですか。

約4.2kgの味噌が出来上がります。

北海道鶴の子大豆1kg、米こうじ(半乾燥)1.2kg、伯方の塩500g、造り方説明書。

 

樽の付いたセットはこちら↓

https://sanomiso.com/products/detail.php?product_id=256

販売価格(税込): 3,445
  • 数量

セット内容

北海道鶴の子大豆1kg

米こうじ(乾燥)1.2k

伯方の塩500g

造り方説明書。

つくり方いろいろ

同じ原料でも造り方の違いにより、出来上がりは全く違う味噌になってきます。いろいろな造り方を試して、自分だけの味わいを探してみるのも手づくり味噌の楽しみのひとつです。

①大豆を煮て、煮汁を使って仕込み、長期間(半年以上)寝かせる→濃い色をした深い味わいで、同時にまろやかさもある味わいになります。

②大豆を煮て、煮汁を使わずに通常の水を使って仕込み、長期間(半年以上)寝かせる→明るい色をした深い味わいで、まろやかさもある味わいになります。

③大豆を煮て、煮汁を使って仕込み、短期間(3~4ヶ月間)寝かせる→ほんのり赤みがかった、うま味のある、まろやかな味わいになります。

④大豆を煮て、煮汁を使わずに仕込み、短期間(3~4ヶ月間)寝かせる→白い色をしたとてもまろやかな味わいになります。

⑤大豆を蒸して、通常の水を使って仕込み、短期間(3~4ヶ月間)寝かせる→ほんのり赤みかがった、うま味のある、まろやかな味わいになります。

⑥大豆を蒸して、通常の水を使って仕込み、長期間(半年以上)寝かせる→とても濃い色をした深いコクのある味わいで、まろやかさもある味わいになります。

他にも例えば米こうじを1kgだけで仕込むと甘みが減り、大豆のうま味が全面に出てきます。(残りの米こうじ200gは塩こうじや手づくり甘酒にしてみてはいかがでしょうか。)また、塩の量を少なめ(450gくらい)すると塩度9%ほどの「減塩みそ」になりますし、少し多め(530gくらい)にすると塩分12.5%ほどの中辛味噌となります。このように、大豆を煮る・蒸す、米こうじや塩の量を変える、煮汁を使う・使わない、寝かせる期間を変える、寝かせる場所を温かい場所(寒い場所)にしてみる、など条件の違いによりその出来具合(色、甘み、旨み、辛さなど)はまったく変わってきます。ぜひご自身の「手前味噌」造りにチャレンジしてください。

(写真は一晩お水につけて倍量になった大豆です)

大豆を親指と小指ではさんで

つぶせるくらいやわらかく煮ます。

(この煮汁は仕込むときに使いますのでとっておきましょう)

すり鉢やフードプロセッサーで

煮大豆をつぶします。

ここでしっかりつぶせばなめらかな味噌に、

荒めにつぶせば、粒が残ったタイプの味噌になります。

材料を合わせます

大豆・こめ麹・塩をあわせます。

空気を抜いて

ハンバーグを作るように両手で空気を抜いて、

容器に空気が入らないよう

はじの方から入れます。

振り塩をして

表面に振り塩をしてカビの発生を抑えます。

あとは、サランラップをしっかりとして、

落とし蓋をして出来上がりです。

自分でつくったお味噌は格別です

途中、「天地返し」をして(上下かきまぜる)

半年後くらいから食べられます。

おみそ汁にしたり、野菜やおむすびにつけたり

いろいろお楽しみください。

(写真はイメージです)

その他のオススメ商品

手造りみそセット

販売価格(税込) 3,888

生米こうじ 1kg

販売価格(税込) 1,620

麦こうじ 500g

販売価格(税込) 815

発芽玄米こうじ 500g

販売価格(税込) 1,182

北海道 鶴の子大豆 1kg

販売価格(税込) 1,193

玄海の塩 500g

販売価格(税込) 2,163

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。