お買い物ご利用ガイド

検索条件

  • お問い合わせ
  • ショップ紹介
  • コインパーキングMAP
  • 特定商取引に関する法律
  • 個人情報保護方針
  • 当店について
商品コード: 1004113

生米こうじ 500g

発酵力が強いこうじです

伝統の技法でつくられた佐野の糀。

手造り味噌・塩こうじ・あま酒・漬物作りにご利用ください。

乾燥させていない生の作りたての状態ですので、

糀の力(酵素の分解力→大豆たんぱく質を分解させる酵素、米のでんぷん質を分解する酵素の力)

が強いです。

※こちらの商品は気温が上がる 7.8.9月はチルド便にてお届けいたします。

販売価格(税込): 885
  • 数量

この商品の味わい

味わい情報

原材料 富山県産米

【塩こうじの作り方】

材料 

 生米こうじ 200g

 食塩      60g

 水(目安)   200g

 

① 米こうじをよくほぐし、塩を加え、よく混ぜ合わせます。

② タッパー等の容器に入れ、水を加え、一晩寝かせます。

  水の量は糀がひたひたになるくらいが丁度です。

  (ジップロックも可。手でモミモミと混ぜ、そのまま熟成できるので便利です)

③ 翌日、水分を吸っているので水を足します。

  (糀がちょうど浸るくらい足してください。多くても少なくても発酵が遅くなります)

④ そのまま常温で5~10日ほど発酵させます

  (1日に1回混ぜ合わせます。水は足しません)

出来上がりましたら、冷蔵庫で保管して1ヶ月くらいで使い切ってください。

もし発酵が上手く進んでいないと感じたら、炊飯器で3時間ほど温めてみましょう。

(保温にしてフタをあけておきます。温度が上がり過ぎないようにご注意ください)

【上手な甘酒のつくり方】 

炊飯ジャーでおいしい・簡単!甘酒づくり。

材料 麹200g 米一合強

①お米1合強を3合分の水で炊き上げ、お粥にします。

②炊飯ジャーのフタを開け、60度くらいまで冷ましたあと、よくほぐした麹を加え、混ぜ合わせます。

③保温にセットして、炊飯釜の蓋を開けたまま濡れ布巾をかけ、50~60度の温度で6時間程置くと出来上がりです。(途中2回ほどかき混ぜてください。置く時間は甘みを見ながら調節してください。)

④水を加え、お好みの濃さに整えてから、温めてお召し上がりください。夏は冷やしてどうぞ。

※80度以上の高温がつづくと麹の酵素が消えてしまい、糖化作用が起きなくなりますのでご注意ください。

※出来あがりに塩をほんの少々加えますと甘みが一層引き立ちます。

※お好みで生姜やレモン汁を加えても美味しく召し上がれます。

※万一失敗して酸味がでたときは、重曹を少量加え軽く火入れしてください。

手作りみそに

ご自宅で手作り味噌を作るとき、この生米こうじはいかがですか?

発酵力が強いので、夏を越せば色のしっかりしたお味噌ができあがります。

(写真はイメージです)

こうじを食卓に

その他のオススメ商品

発芽玄米こうじ 500g

販売価格(税込) 1,182

麦こうじ 500g

販売価格(税込) 815

北海道 鶴の子大豆 500g

販売価格(税込) 626

玄海の塩 200g

販売価格(税込) 1,035

佐野の塩こうじ

販売価格(税込) 702

醤油糀 200ml

販売価格(税込) 496

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。